むつもん
久留米の商店街の事など、つれづれなるままに・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むつもん饅頭
むつもん饅頭


むつもん饅頭 

 井筒屋デパートバス停横に「むつもん饅頭」の看板を掲げた軽食屋があります。

 むつもん饅頭は、昔からこの街の名物で、大阪や東京では回転焼きとか大判焼きとか言われる焼き饅頭です。
 丸い型の中に溶いた生地を流し込み、軽く焼けたところにあんこを入れ、くるりと回転させて半面を焼くところから、大阪では回転焼きと言われているようです。
 この街では昔からむつもん饅頭と呼ばれていますが、この饅頭には思い出があります。
 
 私が小学生の頃、先生の家に集まって遊ぼうということになり、手土産にむつもん饅頭を10個ほど買っていったことがありました。
 饅頭の餡(あん)には白あんと黒あんとがあり、それぞれ5個ずつ買って袋に入れてもらいました。

 先生の家で、ほかほかの饅頭を開いて食べる段になり、黒あんにするか白あんにするか友達の間で問題となりました。
 それぞれ好みがあるのですが、2種類の饅頭は外観から区別できません。

  お皿の上の饅頭を前に先生が、「先生には、黒あんか白あんかわかるよ。」と選んでくれた饅頭にかぶりつくと、本当に中から分けた通りのあんこが出てくるのでした。
 子供心に「どうして先生には判るんだろう」と、不思議に思った事を覚えています。

 その恩師も数年前に亡くなり、今となっては、どうして黒あんと白あんを見分けたのか知る由もありません。
 またお聞きしても、そんな事があった事さえ覚えていらっしゃらなかったでしょう。

 買ってきたむつもん饅頭を家族で食べながら、そんな話を息子にすると「横からはみ出たあんこで判断したんじゃない。」とつれない返事。

 昔の先生って、子供たちが知らない不思議な知識を、たくさん持っていたような気がしたんですが。
 



kawanokey35
tearose

以上ホームページもご覧ください。

スポンサーサイト

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

井戸
20051223064736.jpg

 
   
井戸

 以前商店街で、井戸を掘ろうという話が持ち上がったことがありました。 
 それも昔の手押しポンプをとりつけて、自由に使おうというものでした。 
 あのギーコギーコと手押しで汲み上げるやつです。 


 僕たちの子供の頃には、まだ神社やお寺の古い井戸には、結構取り付けてありました。
 井戸の横にはバケツいっぱいの水と柄杓(ひしゃく)がおいてあり、誘い水をいれて柄を上下させると、シュシュという音と共に水が吸い上げられ、やがて砂とりのために取り付けてある手拭いを巻いた口から勢いよく水が流れ出たものでした。
 

 夏は冷たく、冬は生ぬるい水が珍しく、用もないのに水を汲み上げたものです。
 使った後は、次に利用する人のために、誘い水の入ったバケツをいっぱいにしておく事が約束でした。
 
  
 そういえば「誘い水」とか「つるべ落とし」とかいう言葉も死語になってしまいました。
 そんな体験を「昔の生活」などという教科書の項目にしないで、子供たちに実感させてあげるのも、実は大人の大切な役割なのかも知れませんね。



20051123194809.jpg
 こんなのが、商店街にあると面白いと思うのですが。



kawanokey35

tearose

以上ホームページもご覧ください。





黄色い財布
黄色いサイフ


黄色い財布

ここ数年、黄色い財布を指定して購入されるお客様が多くなりました。
 このところの風水ブームで、黄色が縁起のよい色という事でしょう。
 Drコパの風水グッズは、飛ぶように売れるそうですから、やはりこれも時代の反映なのでしょうか。

 ほんの10年ほど前まで、あまり明るい色合いのお財布は少なかったように思います。
 アイボリーやピンク系のお財布が店頭に並ぶ時期になると、決まってお客さんから、「薄い色は、汚れやすいからねぇ。」と、定番の黒・エンジ系のお財布へ。
 ところが景気が悪くなってくると、風水ブームで黄色いお財布。エメラルドグリーン、パープル、ホワイト。はたまたゴールド、ヘビ柄。

 家内に言わせると、風水ブームで売れているのは、小物や香水などさして高くないものばかりとか。
 「こんなに世相が暗いと、気持ちだけでもホッカリしたいのよ。」などと言いながら、昨年の年末に買った風水カレンダーに予定を書き入れていました。

 ちなみに私の八白土星は、今日がラッキーデーだとか。
 何かいい事あるのかな。



20051121203912.jpg
 

kawanokey35

tearose

以上ホームページもご覧ください。




テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。