むつもん
久留米の商店街の事など、つれづれなるままに・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むつもん饅頭
むつもん饅頭


むつもん饅頭 

 井筒屋デパートバス停横に「むつもん饅頭」の看板を掲げた軽食屋があります。

 むつもん饅頭は、昔からこの街の名物で、大阪や東京では回転焼きとか大判焼きとか言われる焼き饅頭です。
 丸い型の中に溶いた生地を流し込み、軽く焼けたところにあんこを入れ、くるりと回転させて半面を焼くところから、大阪では回転焼きと言われているようです。
 この街では昔からむつもん饅頭と呼ばれていますが、この饅頭には思い出があります。
 
 私が小学生の頃、先生の家に集まって遊ぼうということになり、手土産にむつもん饅頭を10個ほど買っていったことがありました。
 饅頭の餡(あん)には白あんと黒あんとがあり、それぞれ5個ずつ買って袋に入れてもらいました。

 先生の家で、ほかほかの饅頭を開いて食べる段になり、黒あんにするか白あんにするか友達の間で問題となりました。
 それぞれ好みがあるのですが、2種類の饅頭は外観から区別できません。

  お皿の上の饅頭を前に先生が、「先生には、黒あんか白あんかわかるよ。」と選んでくれた饅頭にかぶりつくと、本当に中から分けた通りのあんこが出てくるのでした。
 子供心に「どうして先生には判るんだろう」と、不思議に思った事を覚えています。

 その恩師も数年前に亡くなり、今となっては、どうして黒あんと白あんを見分けたのか知る由もありません。
 またお聞きしても、そんな事があった事さえ覚えていらっしゃらなかったでしょう。

 買ってきたむつもん饅頭を家族で食べながら、そんな話を息子にすると「横からはみ出たあんこで判断したんじゃない。」とつれない返事。

 昔の先生って、子供たちが知らない不思議な知識を、たくさん持っていたような気がしたんですが。
 



kawanokey35
tearose

以上ホームページもご覧ください。

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mutumon.blog26.fc2.com/tb.php/11-b9389fa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。