むつもん
久留米の商店街の事など、つれづれなるままに・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高良山
20051207064812.jpg
高良大社 明け方の拝殿


高良山  


「朝の4時ですか。」「はい。」「まだ真っ暗でしょう。」「ええ。」「大体そんな時間に登れるんですか。」「けっこう皆さん登ってますよ。」

 市内の取引先の方と話をしていて、健康のために何かやってますかという話になり、高良山登りの話になりました。
 その方は、毎日朝4時から参道入り口に車を止めて、拝殿まで古参道を登っておられるとの事でした。
 そんな時間に、山に登れる事が信じられず、さっそく私も行ってみることにしました。

 20051209202956.jpg
  さすがに夜明け前で、参道入り口は真っ暗。

 
 私が参道入り口についたのは、6時前でしたが、さすがにあたりは真っ暗。
 なるほど鳥居から石の古参道には点々と電灯が取り付けてあり、足元が何とか見える状況になっています。
 しかし参道の両側は真っ暗闇で、小学生の頃キャンプでやった肝試しの心境になってしまいました。

20051207065128.jpg
結構暗そうですが、登るには不自由しない明るさです。 


 登り始めてしばらくすると、上から3人連れのおばさんたちが懐中電灯片手に談笑しながら降りてくるではありませんか。
 中程ではリュックを背負ったおじさん。結局拝殿まで、20分ほどで登り切りました。
 けっこう息切れしてしまいましたが、拝殿前から見た夜明け前の久留米市内は、なかなかきれいな景色でした。

20051207065142.jpg
 うまく撮れていませんが、久留米の夜景はなかなかでした。 

 元気のある方は、さらに奥の院までの遊歩道コースを行かれる様ですが、僕はここで下る事にしました。
 大体上り下りで40分ぐらいのコースですから、慣れれば毎日でも行けそうな運動量です。
 
しかし驚いたのは、降りるまでの間に挨拶した6割以上は女性だった事。
 しかも中年の方が多かったようです。

 女性パワーはここでも発揮されています。



kawanokey35

tearose

以上ホームページもご覧ください。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mutumon.blog26.fc2.com/tb.php/13-1b7715b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。