むつもん
久留米の商店街の事など、つれづれなるままに・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千年と一日
久留米カトリック
久留米のランドマークにもなっている カトリック教会堂

千年と一日


 都心部を通ってJR久留米駅と西鉄久留米駅とを結ぶ国道を、久留米では「明治通り」と呼んでいます。
 そして、そのちょうど中間あたりが六ッ門(むつもん)町と呼ばれ、戦前から井筒屋デパート(旧アサヒ屋デパート)を中心に商店街が造られ、繁華街として発展してきました。 
 現在では、井筒屋デパート跡地は更地となり、再開発事業が行われています。

 その六ッ門地区から東側の西鉄久留米駅方向を見ると、空に向かってカトリック教会の高い尖塔と十字架が見えます。 
 教会には幼稚園が併設されていますので、園内から毎朝子供たちの元気な声が聞こえてきますし、春には入園式、秋には運動会、クリスマスには教会堂がイルミネーションで飾られたりします。
 日曜日には結婚式が執り行われ、運が良ければ白いウェディングドレスの新婦が、式を終えてブーケを投げている姿なども見られます。 
 教会堂は今ではすっかり六ッ門地区のシンボルとなり、街のランドマークとしてなくてはならない建物となっています。

 このカトリック教会については、ひとつのエピソードがあります。真偽のほどはわかりませんが、都心部の再開発構想が盛んだったころ、この教会自体の移転の話が出たことがありました。
 ある開発業者が、教会のまとまった敷地に目をつけ、教会の移転とともに商業施設への開発計画を持っていったそうです。
 ところが、土地の所有権がローマのバチカンにあったため、イタリアまで交渉に行った結果、あっさり断られたとのことでした。「神が建てた教会を、人が移すことはできない。」との理由だったようですが、おかげで今では教会堂は中心市街地のシンボルとして、その美しい姿を残してくれています。

2つの鐘楼が美しい今村教会堂
2つの鐘楼が美しい今村教会

 筑後地区には、そのほかにも有名な教会建築があります。 
 有名なところでは、太刀洗(たちあらい)町にある「今村教会堂」。これは長崎の浦上天主堂を建築した名棟梁の鉄川与助によるもので、1913年に建立され、浦上天主堂と同じく2つの鐘楼を持った県指定文化財の建物です。(今村カトリック教会堂ブログ)

ru-teru-1.jpg
ヴォーリズ設計の「日本福音路帖(ルーテル)教会堂」

 また六ッ門地区の北側に位置している「日本福音路帖(ルーテル)教会堂」は、アメリカの有名な建築家ヴォーリズの設計によるものです。1918年竣工のレンガ造りの教会堂には、ヴォーリズらしい設計が随所に見られることから、建築に興味のある方がたびたび見学に来られます。(「ヴォーリズを訪ねて」ブログ)

yukinoseibo-3.jpg
礼拝堂のステンドグラスが美しい「雪の聖母聖堂」

 また聖マリア病院敷地内にある「雪の聖母聖堂」は、1896年に建てられた博多の旧大名町カトリック教会堂を移転したもので、ステンドグラスの美しい会堂は現在でも病院の付属施設として利用されています。(「教会をたずねて」ブログ)

 いずれも、許可を得て見学することができますが,信徒の方たちが大切にしている場所であることを忘れないようにして見学したいものです。

 これらの教会堂の文化財的な価値はもちろんですが、驚くべきことは現在も色あせることなくこれらの教会堂が利用されているという点です。
 百年単位の時代の流れの中で、建物の機能が損なわれることなく利用されているということは、私たちが街を考える上で最も考えさせられる点です。


 日本では、古来地震や火災などの災害が多発するため、街や建物は永続的なものではなく、壊しては作り直すという考え方のもとに都市を発展させてきました。
 そのためどの地方都市も再開発の繰り返しで、人の流れもめまぐるしく変化してきました。

 久留米の都心部商店街も、戦後65年の間にずいぶんと変わってきています。
 戦後の井筒屋デパートを中心とした商店街の形成から大型百貨店やスーパーの進出、さらに郊外型大型商業施設の進出と同時にデパートやスーパーの都心部からの撤退、そして更なる都心部地区の再開発とめまぐるしく変わっていきました。

 その間に社会は高度成長経済を経て、バブルの崩壊からデフレ経済、社会的には少子高齢化が進み、コンパクトシティー構想に基づく都心部回帰へと、再び都市の再構築が行われています。特に商店街にとっては、ここ10年の変化は大変なものでした。


 しかしそのような街の変化を横目に見ながら、今ではすっかり街のシンボルとなったカトリック教会堂は、厳然としてそこに建ち続けています。
 
 「神の目には千年も一日の如し」とは、確か聖書の言葉ですが、商店街や街つくりの視点も千年とはいかないまでも、せめて百年くらいの視点を持って考えていけたらと思っています。



kawanokey35

tearose

以上ホームページもご覧ください。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mutumon.blog26.fc2.com/tb.php/30-dd722511
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。